お問い合わせ >

【楽天商品画像登録ガイドライン】へのサムネイル画像対策方法!

楽天出店店舗の2018年一番の話題と言えば、【楽天商品画像登録ガイドライン】の変更ではないでしょうか

この度、新しい楽天商品画像登録ガイドラインにより、商品のサムネイル画像へのルールが厳格化。
突然のルール改正、またそのスピードの早さに動揺されている店舗も非常に多いと思います。

2018年の1月から情報が出始め、2019年1月から画像を改正しない場合は、店鋪への違反点加点の対象になると定めながら新ルールの発表が小出しになっており、混乱を招いています。

そこで本日は、ガイドラインの改正より、何が変わったのか、何をしなければいけないのか、をご説明いたします。

何でもあり!から3つのルールへ厳格化

この度のルール改正により見直しが必要なのは、商品のサムネイル画像です。

楽天市場のサムネイル画像と言えばとにかく検索結果からユーザーにクリックしてしてもらえるよう
各店舗がいかに自社の商品をアピールできるか、目立つ配色や文言、SALEや割引率など、を記入し何でもありのノールールのため、乱雑になりユーザーが本当に探している商品に辿り着けない状態になっていました。

今回楽天市場が更新したガイドラインをまとめると大きく分けて以下の3つのルールが制定されました。

テキスト要素20%以内

枠線なし

画像背景は写真背景または単色白背景のみ

画像背景について、写真背景と単色白背景はOKですが、“画像を目立たせる目的”で作られた「幾何学模様の背景」「単色白背景以外のデジタルイラストによる背景色はNGですのでご注意ください。

楽天商品画像登録ガイドライン 引用元 ※要RMSログイン

2019年1月以降サムネイル画像はAIによる三段階の評価をされます。

2019年1月以降サムネイル画像はAIによる三段階の評価をされ、
ルールを守れていない店舗にはペナルティが課せられると発表されています。

  • ◎:OK
  • △:要改善
  • ×:NG(違反点加点)

◎ が理想的な状態で、楽天内で露出が向上の可能性あり。

△ はまだ改善の余地はあるが一応及第点でペナルティはなし。

× は商品画像登録ガイドライン上完全にアウトで2019年1月以降は違反点加点対象になります。

つまり、× が出た商品のサムネイル画像は2018年内に変更していく必要があります。

2018年以内に全商品のサムネイル画像の見直しが必須

商品のサムネイル画像はテキスト占有率を20%以下に抑え、テクスチャなどのデジタル背景はやめて使用風景か白抜き画像にする。

もともと楽天市場がこの1、2年推奨していた形ですが、一瞬のうちにガイドライン制定から違反罰点加点の流れになりました。

今回大きな話題になっている理由の一つとしては、このルールだと大半の店舗がアウトになり
サムネイル画像の変更を余儀なくされています。

特にロングテールを狙った取り扱い商品の多い店舗は膨大な見直しと作業量が発生します

S&Eパートナーズでは、どのようなサムネイル画像を作成したら良いかのアドバイスから、
1枚2980円のバナー工房にてサムネイル画像の作成まで行っています。

大量ロットによる割引きも行っていますので、今回のルール改正でお困りの店舗様は是非ご相談ください。




まずは、S&Eパートナーズと共にECサイト最初の壁「月商100万円」突破を目指しませんか?

目指せ!月商100万円サポートプラン

不明点や疑問点がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。

お電話でのお問合わせ0120-339-888

お問い合わせは
24時間受付中
無料相談窓口

ECサイト出店・構築コンサルティング

ECサイトはただ作るだけでは成果が出ません。
S&Eパートナーズの運営実績に基づいたサイト制作を行います。

二人三脚でパフォーマンスの最大化
S&EパートナーズのECコンサルティングとは?

一社一社に寄り添うECサイト運営コンサルティング
少ない固定費で最大のパフォーマンスを二人三脚で上げていきましょう。

嗜好品で高額、ネット不向きと言われたジュエリーのECサイトを20年運営実績のあるS&Eパートナーズ。
独自のコンテンツや販促で売上を上げる仕組みをお客様に伝授します。
広告費を増やせば売上が上がる時代は終焉しました。
小規模、中規模ECサイトは独自性を如 何にアピールするかが重要と考えます。
客観的な立場から、ユーザー視点から御社のネットショップを分析し最適なスキームをご提案します。

ネットショップ

先ずは売上100万円!相談受付中